はあもにいについて

男女共同参画について

館長室より

館長室より 2016.12月

 

今年も「はあもにいフェスタ」が無事終了しました。これまでは当たり前のように行ってきたフェスタですが、今年は熊本地震の影響でようやく実施にこぎつけることができました。自らも被災しながら参加いただいた市民グループの方々や、当日来館いただきました市民の皆様に、スタッフ一同心よりお礼申し上げます。
復興に向けての一歩を意識した様々なワークショップや「つながるステージ」、映画上映、心も身体も満たしてくれたバザー、クイズラリーなど等、久々に多くの笑顔に出会えた、うれしい二日間でした。次年度はさらにパワーアップして実施したいと思います。
さて、熊本地震という本当に予期せぬ災害に見舞われた今年も、もうすぐ終わります。巨大地震の前で全くの無力であった私たちではありますが、この被災経験は、新たな熊本創りへのチャンスに変えていかなければなりません。つらく悲しいことであったからこそ、大きな追い風に変えなければ…と思います。『つらい時こそ、笑顔で!』と、長く
仕事を共にしてきた心友に、仕事がきつくなるたびに言われたことを思い出します。
県内外からたくさんの支援をいただきました。熊本の人たちの人間力も、かなりのものだと知ることもできました。自分一人だけではないと思えたことが、何よりのチカラになりました。
2017年はもっとよくなる! そう信じて前向いて頑張っていきたいと思います。
館長 藤井 宥貴子

今年も「はあもにいフェスタ」が無事終了しました。これまでは当たり前のように行ってきたフェスタですが、今年は熊本地震の影響でようやく実施にこぎつけることができました。自らも被災しながら参加いただいた市民グループの方々や、当日来館いただきました市民の皆様に、スタッフ一同心よりお礼申し上げます。
復興に向けての一歩を意識した様々なワークショップや「つながるステージ」、映画上映、心も身体も満たしてくれたバザー、クイズラリーなど等、久々に多くの笑顔に出会えた、うれしい二日間でした。次年度はさらにパワーアップして実施したいと思います。
さて、熊本地震という本当に予期せぬ災害に見舞われた今年も、もうすぐ終わります。巨大地震の前で全くの無力であった私たちではありますが、この被災経験は、新たな熊本創りへのチャンスに変えていかなければなりません。つらく悲しいことであったからこそ、大きな追い風に変えなければ…と思います。『つらい時こそ、笑顔で!』と、長く仕事を共にしてきた心友に、仕事がきつくなるたびに言われたことを思い出します。
県内外からたくさんの支援をいただきました。熊本の人たちの人間力も、かなりのものだと知ることもできました。自分一人だけではないと思えたことが、何よりのチカラになりました。
2017年はもっとよくなる! そう信じて前向いて頑張っていきたいと思います。

館長 藤井 宥貴子