• HOME
  • スタッフブログ

スタッフブログ

    よんでよんでの会では、毎月手づくりのウェルカムボードで皆さんをお出迎えしています。

    今月はこちらです。↓↓↓
    IMG_4177 - コピー.JPG

    運動の秋、食欲の秋、読書の秋・・・いろいろな秋がつまったかわいらしいボードでした!

    先月は前年ながら、台風で中止に…。
    「今月はどんなお友だちが来てくれるかな?」とスタッフ一同楽しみにしていたところ、
    かわいらしい女の子とお母さんが3組来てくださいました♬


    この日ははあもにいにナイストライに来ていた中学生に、絵本を1冊読んでもらいました!
    読んでもらったのは「しろくまちゃんのホットケーキ」

    IMG_4212 - コピー.JPG

    ナイストライ生には、当日急きょのお願いだったのですが、堂々と読み聞かせをして
    くださいました!聞いているお友だちも興味津々です♪ ありがとうございました!


    夏の思い出、花火がドーン!
    幼児室の先生がみんなの手拍子にあわせて花火をあげてくれましたよ!

    IMG_4194 - コピー.JPG

    今年の夏は、どんな思い出ができたのでしょう☆

    よんでよんでの会は、毎月第1火曜日の11時から、はあもにいのロビーで開催しています。
    次回は10月1日(火)です。予約不要・無料です!
    絵本の読み聞かせ、手あそび、紙芝居など、親子で楽しい企画を準備しております。
    ぜひお越しください♪

    今月のよんでよんでの会でご紹介した絵本です。↓↓↓
    「あつい あつい」「さかながはねて」「ねこざかなのはなび」
    「しろくまちゃんのホットケーキ」「わにわにのおでかけ」
    「だあれだ だれだ?」「いろいろばあ」

    気になった本がございましたら、はあもにい内の情報資料室にお尋ねください。
    熊本市立図書館の図書カードがあれば貸出、返却、予約(取り寄せ)が可能です。

    【9月10日(火)~23日(月)は<特別貸出サービス中>!】
    おひとり20冊まで貸出可能。この期間の貸出期間は3週間です。
    ただし、熊本市図書管理システム更新に伴い、
    9月25日(水)~10月1日(火)は図書の貸し出しができませんのでご注意ください。
    この期間、各図書館、公民館図書館は休館です。
    はあもにい情報資料室では、図書・雑誌・新聞の【閲覧のみ】ご利用いただけます。

    9/4~9/18の期間、「ミューズの会」のお二人による作品展が行われています。

     

    「ぼくとピース」展は、割りばしと墨で描かれた 墨絵のイラストの原画展で、

    「子犬と少年」がテーマ。

    どんなストーリーがあるのでしょうか。

    ぜひご覧ください。

     

    また、「DECOぷれな」による

    粘土で作られた「クレイアート」の美しい作品の数々も!!

     

    また、この期間ナイストライに来ていた

    桜山中の生徒のお二人が、設営を手伝ってくれました!

     

    ぜひご覧ください。お待ちしております。

     

    9月1日は「防災の日」。
    朝からあいにくの雨でしたが、多くの場所で防災に関する講演会や訓練が行われたのではないでしょうか。
    託麻公民館さんの依頼を受け、はあもにいも当日、防災出前講座に伺わせていただきました。

    連日降り続く雨。九州北部では大きな被害にもつながってしまいました。
    節目節目にでも防災を見直すことは非常に重要です。

    当日は、49名の方が講演に来てくださりました。
    2時間という大変貴重なお時間をいただき、男女共同参画の視点に立った防災について
    お話させていただきました。

    IMG_4148r.jpg

    8月の私のギャラリー2回目の展示です。

    啓光教室さんの子供達が書きました習字です。

    なかなか力強く書かれています。

    8月19日から9月1日まで展示しています。是非ご覧ください。

    IMG_3961.JPG

    IMG_3951.JPG

    IMG_3952.JPG

    IMG_3953.JPG

    IMG_3954.JPG

    IMG_3955.JPG

    IMG_3956.JPG

    IMG_3957.JPG

    IMG_3958.JPG

    IMG_3959.JPG

     

    今年度3回目の「はあもにい防災出前講座」を8月4日

    美里町地域婦人会の皆さま19人を迎えて、学習室で実施しました。

    美里町①.jpg

    「防災ポイントBOOK」をテキストにして

    午前10時から約1時間。

    途中、支援を必要とする人へのサポート方法を考えるワークショップや

    非常持出し袋の揃え方など、身近で具体的な内容を中心に進行しました。

     

    美里町③.jpg

    100円均一ショップで手軽に揃えられる、避難時に役立つグッズを手に

    「早速、店によって帰ります」との声も寄せられました。

    大切なのは、日頃の備え。

    「男女共同参画の視点に立った」防災とは

    男だから、女だからといった固定的な役割分担意識や

    知らぬ間に刷り込まれてしまった「思い込み」に気づいて、

    困っているかもしれない人のことに思いを寄せる

    「想像力」を持つこと。

    テキストに使った「防災ポイントBOOK」には、

    それぞれが解決策を記入する欄が設けられています。

    家族や職場の仲間、地域の方々と話をするきっかけにして

    これからの防災に活かしてください。

    美里町②.jpg

    8月の私のギャラリーは、障がい者支援施設しょうぶの里さんです。

    絵画・貼り絵・くぎ打ち作品です。8月15日(木)までの展示となっております。

    しょうぶの里の皆さんの作品を是非見てください。

    IMG_3864.JPG

    IMG_3865.JPG

    IMG_3866.JPG

     

    作者の森山さんです。

    IMG_3918.JPG

    IMG_3867.JPG

    IMG_3868.JPG

    IMG_3869.JPG

     

    作者の寺本さんです。

    IMG_3917.JPG

     

    IMG_3870.JPG

     

    7月28日(日)に、ユニバーサルマナー検定資格取得講座を実施しました。
    ユニバーサルマナーとは、自分とはちがう誰かの視点に立ち、行動する「心づかい」。
    「何かお手伝いできることはありますか?」
    さりげない一言と、一歩を踏み出す勇気を持つためのこの講座に、たくさんの方が参加されました。

    IMG_3662r.jpg


    過去に、受講し、検定合格をした最少年齢が小学3年生からということで
    小学3年生以上を対象としましたが、今回の最少年齢は12歳。
    親子で、兄弟で、友人同士で…10代の方も本当にたくさん受講してくださいました。


    3級は、ユニバーサルマナーのマインドの基本を座学で学んでいただき、
    グループワークを通して学びを深める内容でした。講師は株式会社ミライロ 田中利樹さん。
    時にユーモラスな話題を盛り込みながら、とてもわかりやすく講話してくださいました。
    3級は、2時間の受講で受講者全員が認定されます。

    IMG_3666r.jpg

    「たとえばこんな人がいたらあなたはどうするか」
    普段ありえそうなシチュエーションを例にした問いかけ。
    すぐに思いつく回答は、実は自分のひとりよがりかもしれないことに気づかされる瞬間です。
    大切なことは、上記にも書いた通り「自分とはちがう誰かの視点に立つこと」。
    そうすると、手助けするポイントもまったくちがってきて、まさに目からウロコでした。

    IMG_3674r.jpg

    午後からは2級講座を開講。より実践的な内容で、最後に試験が行われ、70点以上が認定となります。
    まずは車いすの安全な操作と移動。ちょっとした心がけで、相手に恐怖を感じさせずに操作することを、
    ペアで交代で実践したため、押す側、車いす側の双方の気持ちを知ることができました。

    IMG_3747r.jpg

    視覚障害者の誘導と音声案内は、相手への声かけの第一声、立ち位置、誘導方法を
    相手の気持ちを考えながらどう行うかを学びました。
    強引な手助けは目の見えない人にとって非常に恐怖であることを教えてもらいました。

    IMG_3827r.jpg

    高齢者体験。専用の装具を身につけると、誰もが高齢者の不自由さを実感。
    動きづらい、足が上がりづらい、視野が狭い、聞こえづらい…などの不自由さを
    実感していただき、たとえば段差の昇降時のさりげないサポート方法を学びました。

    IMG_3735r.jpg

    聴覚障害者の5つのコミュニケーション。手話ができない場合、口話とジェスチャーでどう伝えるか
    などの方法を学びました。

    受講者からは「今まで何気なく過ごしていた日常に、ユニバーサルの観点を持って過ごしていきたい」
    「今までどのように対応すればよいか疑問に思っていたことを学ぶことができ、とても勉強になった」という声を
    いただきました。
    試験結果も気になりますが、当日学んだ内容はきっと皆さんの大きな力となったはず。
    大きなイベントも今後熊本で行われ、ボランティアなどの力も求められています。
    また、私たちが伝えている「男女共同参画」も
    「さまざまな立場の人たちが共に責任を担いながら支え合っていくこと」が非常に重要なポイントです。

    ユニバーサルマナーを身につけ、色々な人の気持ちによりそいながらサポートしていける社会を
    はあもにいも目指したいと思います。

     

    男尊女卑の枠の中で、女性が自らの才能を伸ばし

    人間らしい生き方をするのが困難だった時代に

     熊本県益城町出身の矢嶋家の女性たちが活躍しました。 

    女性の自立や地位向上のために、先駆的な活動をした四賢婦人を

     はあもにい提供のラジオ番組の中で紹介します。

    番組は、RKKラジオ『クマモトウーマン』

    (「桂木まやのシャバダバサタデー」内 毎週土曜日 午前10:30頃~放送)

    「ラジオ四賢婦人物語」のシリーズで、7月27日からスタート、

    来年3月まで、7回に分けてお届けします。

    出演は、『マンガ四賢婦人物語】の原作者:齊藤輝代さん。

    齊藤氏② リサイズ.jpg

    27日からの放送に向けて、第1回放送の収録を行いました。

    初回は、賢婦人が生まれた一家や背景についてのお話です。

    「ラジオ四賢婦人物語」にご期待ください!

    なお、「マンガ四賢婦人物語」は、はあもにいの情報資料室で

    閲覧・貸出できます。

    この機会に、竹崎順子、徳富久子、横井つせ子、矢嶋楫子の

    四賢婦人について書かれた本や資料を読んでみませんか。

    齊藤・桂木写真②リサイズ.jpg

    「マンガ四賢婦人物語」を手にするパーソナリティの桂木まやさんと齊藤輝代さん

    私のギャラリー7月2回目の展示です。
    KLCC(地雷廃絶と被害者支援の会)さんの写真展示です。
    カンボジアの現状をご覧いただければと思います。

    7月31日(水)まで展示いたします。(午後撤収予定)

    IMG_3622.JPG

    IMG_3617.JPG

    IMG_3618.JPG

    IMG_3619.JPG

    IMG_3620.JPG

    IMG_3621.JPG