はあもにいについて

男女共同参画について

館長室より

館長室より 2017.5月

 

今年ほど、桜の開花が待ち遠しかったことはなかったように思います。当たり前のことが何より大切なのだ…と、美しく咲き誇る桜の花が教えてくれたような気がします。
   先日、福岡市の女性団体の方々が来館され、熊本地震に関する視察研修の申し出がありました。福岡県内には、地域ごとに男女共同参画を推進するためのグループが組織されており、今回は、7月に地域の自治会長さんらと一緒に益城町や熊本市を視察し、災害時に男女共同参画の視点が必要だということを、ともに学びたいというお話でした。
これまで私が福岡県内で講演した時には、「今日はこの会合に参加して、(私の)話を聞くことができてよかった。災害時に性被害やDVの発生リスクが高まるとは思いもしなかった」という感想を男性の参加者からいただくこともありました。防災をテーマに、男女共同参画の考え方が地域に根付くことは、人と人をつなぐ備えにもなります。男女共同参画という視点は、様々な立場の人たちを、横ぐしを刺すようにつないでいくものでもあるな…と、あらためて思います。
はあもにいでは、災害時に男女共同参画の視点は不可欠であるということを、一人でも多くの熊本市民の方々に知っていただこうと、今年度の事業の中で地域や学校・職場などへ「防災出前講座」を実施します。災害はいつでも、どこでも今すぐにでも起こり得る! 詳しくは市政だよりやホームページ、チラシなどで案内しますので、どうぞこの機会を活用ください!!
今年ほど、桜の開花が待ち遠しかったことはなかったように思います。当たり前のことが何より大切なのだ…と、美しく咲き誇る桜の花が教えてくれたような気がします。
先日、福岡市の女性団体の方々が来館され、熊本地震に関する視察研修の申し出がありました。福岡県内には、地域ごとに男女共同参画を推進するためのグループが組織されており、今回は、7月に地域の自治会長さんらと一緒に益城町や熊本市を視察し、災害時に男女共同参画の視点が必要だということを、ともに学びたいというお話でした。
これまで私が福岡県内で講演した時には、「今日はこの会合に参加して、(私の)話を聞くことができてよかった。災害時に性被害やDVの発生リスクが高まるとは思いもしなかった」という感想を男性の参加者からいただくこともありました。防災をテーマに、男女共同参画の考え方が地域に根付くことは、人と人をつなぐ備えにもなります。男女共同参画という視点は、様々な立場の人たちを、横ぐしを刺すようにつないでいくものでもあるな…と、あらためて思います。
はあもにいでは、災害時に男女共同参画の視点は不可欠であるということを、一人でも多くの熊本市民の方々に知っていただこうと、今年度の事業の中で地域や学校・職場などへ「防災出前講座」を実施します。災害はいつでも、どこでも今すぐにでも起こり得る! 詳しくは市政だよりやホームページ、チラシなどで案内しますので、どうぞこの機会を活用ください!!
館長 藤井 宥貴子
※はあもにい通信 館長室よりは5月号で終了となりました。