はあもにいについて

男女共同参画について

館長室より

館長室より 2017.2月

 

新しい年がスタートしました。会館に届いた
年賀状を見ながら、多くの方々に支援いただいて
いることのありがたさをしみじみ実感しました。
今年もどうぞよろしくお願いいたします。
さて、はあもにいの今年度の事業は、3月4日、
5日に行うミモザフェスティバルが大きなイベ
ントとしては最後となります。震災後に行うべき
か否か迷いはありましたが、こんな時だからこそ
ミモザの花は、多くの人に元気を与えてくれるの
ではないかということで、昨年同様、4日が上通
周辺と二の丸公園、5日は、はあもにいで実施す
ることにしました。ミモザフェスティバルは、女
性の自立と平等の記念日である国際女性デーに
ついて広く周知し、現状の課題などについての理
解を深めていただくことを目的として行うもの
です。今年は、国際NGOジョイセフと共同主催
するホワイトリボンランと熊本応援マルシェ、映

新しい年がスタートしました。会館に届いた年賀状を見ながら、多くの方々に支援いただいていることのありがたさをしみじみ実感しました。今年もどうぞよろしくお願いいたします。

さて、はあもにいの今年度の事業は、3月4日、5日に行うミモザフェスティバルが大きなイベントとしては最後となります。震災後に行うべきか否か迷いはありましたが、こんな時だからこそミモザの花は、多くの人に元気を与えてくれるのではないかということで、昨年同様、4日が上通周辺と二の丸公園、5日は、はあもにいで実施することにしました。ミモザフェスティバルは、女性の自立と平等の記念日である国際女性デーについて広く周知し、現状の課題などについての理解を深めていただくことを目的として行うものです。今年は、国際NGOジョイセフと共同主催するホワイトリボンランと熊本応援マルシェ、映画鑑賞会などを予定しています。どうぞ皆さまご参加下さい。

先日、友人らとの新年会の席で、今年の“ 大ぼら吹き” をしようということになりました。いわゆる新年の抱負ではありますが、皆それぞれに大きな夢を語り合いました。私は、世界一幸福度が高いと言われるオランダに行ってみたいということと、『熊本が、日本でいちばんしあわせな県になる(復興する)!』と豪語。これは大ぼらではなく、必ず実現すると信じています。

2017年、私たち自らの手でよい年にいたしましょう!        館長 藤井 宥貴子