はあもにいについて

男女共同参画について

館長室より

館長室より 2016.7月

これって、地震??まさか …。14 日に起きた前震の時、私は自宅で居眠りをしていました。目を開けた瞬間に書棚が倒れ、物が散乱。何が何だか分からない状態でベッドにしがみつきながら、夢であって欲しいと、ただただ祈りました。あれから2 カ月… 熊本県内の多くの方々が被災され、予想を超える甚大な被害が報告されています。

はあもにいは、市内の公共施設の中でも比較的被害が少なく、5 月からは中央区の集約拠点避難所となっています。6 月8 日時点では避難所としての役割を果たしながら、多目的ホールなど一部通常の貸館業務も可能な範囲で行えるようなりました。また1 階ロビーや幼児室、情報資料室、サテライトオフィスなどは開放しており、講座やイベントなどもできるところから日常へ戻していきます。また支援物資や情報提供、生活相談なども行っていますので、どうぞ皆さまご利用ください。

本当に、つらくきびしい経験でした。発災時を振り返ると話は尽きませんが、そろそろ先のことに目を向ける時期でもあると思います。きっと震災前よりよくなる! と信じて前を向いてまいりましょう。スタッフ一同、市民の皆様のご来館をお待ちしています。         藤井 宥貴子                                         ※この文章は号外掲載分と同内容です。