はあもにいについて

男女共同参画について

館長室より

館長室より 2015.10月

 

 若者のキャリア支援に関わる機会が増えています。その度に、職業観について尋ねてみると、最近多いのは、「自分にとっての仕事は、お金を稼ぐ手段である」という返事。はあもにいでも、年間に複数の資格取得講座や再就職・起業を目的とした自立支援講座を実施していますが、今年度は資格取得講座を中心に、キャリアプランについて考える内容を組み入れ、生き方と働き方を自ら考える機会を設けています。
また10 月からは、ハローワークと熊本市との連携で、『はあもにい お仕事相談所』がオープン。
当館で取り組む支援事業~就業・起業につないでいくという自立支援の流れが、徐々に整いつつあります。
先日知人が営むカフェで、「忙しくて大変ですね」と、スタッフの方に声を掛けたところ、「仕事が楽しくて、忙しさは苦になりません」という答えが返ってきて、思わず私も笑顔になったことがありました。仕事は経済の成長や収益を求めるばかりではなく、本来は人々を幸せにするためにあり、且つ、自分の人生の質を高めるものであって欲しい…。はあもにいでの小さな取り組みも、そこに繋がるものでありたいと思います。
 先日、今年のはあもにいフェスタ(11 月28,29日開催)で上映予定の『マダム・イン・ニューヨーク』という映画を鑑賞しました。
インド人女性の自立していく様を通して、自分にもさまざまなことを考えさせてくれたメッセージ性のある作品。見終わった後の、なんと晴れやかだったことか…。自分の生き方や働き方を考えたい方に、おすすめの作品です。どうぞお楽しみに!                    館長 藤井 宥貴子