はあもにいについて

男女共同参画について

館長室より

館長室より 2015.1月

 12月はウィメンズカレッジの修了式と女性のリーダーシップをテーマにした公開講座を行いました。熊本市の審議会をはじめとするさまざまな意思決定の場に、女性を送り出そうということで昨年度スタートした同講座。二期目を迎えた今年は、24名が修了書を手にしました。仕事や家庭、子育ての傍ら、講義だけではなく毎回の課題提出にも熱心に取り組む受講生の意欲的な姿勢に、事務局を務める私たちも大いに刺激を受けました。女性の活躍推進を議論される場で必ず耳にするのは「女性自身が管理職になりたがらない・人材がいない」というようなこと。修了生の皆さんには、ぜひとも意思決定の場に立ち、女性活躍推進の追い風を、本物の風に変えていただきたいと願っています。
 2014年を振り返ってみると、男性の来館者がずいぶん増えてきたと感じます。パソコンなどの資格取得の講座だけではなく、「カジダン料理倶楽部」(男性の料理教室)や、「パパの読み聞かせ会」などのほか、情報資料室にも男性の姿が見られるようになりました。「いいね!イクメン・カジダン~あなたのチカラが社会を変える~」というスローガンを掲げ、11月に実施した『はあもにいフェスタ』にも、多くの男性に来館いただきました。老若男女が集い、ともに出会い、男女共同社会について学び合う拠点。一日も早く、女性が男性が…ということを意識せずに、誰もが気軽に立ち寄れる場にしていかなければ…と思います。
 今年も残りわずかとなりました。2015年が、皆様にとって笑顔あふれる よい年でありますよう…。新年も、はあもにいをどうぞよろしくお願いします。 館長 藤井 宥貴子