はあもにいについて

男女共同参画について

館長室より

館長室より 2013.12月

 “次世代につなごう 熊本から変える!自分らしい生き方や働き方が選べる社会”をスローガンに、11月22日の『いい夫婦の日スペシャル ウォン ウインツァンピアノコンサート』からスタートした「はあもにいフェスタ2013」。おかげさまで翌23、24日とも多くの市民の皆様においでいただき、記念講演会や映画上映も含め、昨年を上回る来館者数となりました。男女共同参画をはじめ、原発問題や子育て支援、障がい者問題、フェアトレード、健康づくりなど、参加37団体の取り組みも充実したものであったと思います。記念講演で小室淑恵さんが私たちにメッセージしてくださった「ワークライフバランスの重要性」については、超少子高齢化という課題を抱える現代の日本において、ワークライフバランスは、もはや子育てと仕事の両立に悩む若い女性だけの問題ではないという言葉に、当館の果たすべき役割の大きさを再確認しました。

 「初めて『はあもにい』に来たけれど、楽しかった」「男女共同参画って大事だと思いました」「また家族で参加します」「いろいろな施設があることが分かりました」など。参加者のアンケートに記された感想を読みながら、来年もさらに楽しく男女共同参画に触れていただくフェスタにしなければ…と思いました。

                                     館長  藤井 宥貴子