はあもにいについて

男女共同参画について

館長室より

館長室より 2012.10

館長室より(10月)

朝夕はひんやりとした秋風を感じる頃となりました。この春に、会館裏の駐車場横に植えたミモザの木が、暑い夏を無事に乗り越え、一回り大きくなったように見えます。
 はあもにいでは、「資格取得講座」や「再就職準備講座」「起業家支援講座」などを行っています。自分の「仕事・キャリア」に関することを学び、スキルアップすることは、自分の生き方そのものを見つめ直すということでもあると、私は思います。現状を変えたい、今より少しでもスキルアップしたい、これからのために資格を取りたいと、講座に参加される方々は皆とても前向きな表情です。
 これまで幾つかの就業支援事業に関わった経験から、自分の目標を達成するには、資格やスキル以外に、モチベーションの維持、心身のバランスが不可欠だと思っています。採用まで複数社受験するのが当たり前というきびしい雇用状況の中で、思うようにならなかったという結果をどう受け止めて次に進むかはとても重要。「反省はしても後悔はするな!」と、ある方に教えられたことがありますが、マイナスの結果をプラスに変えていくその力こそ、今日よりも少し前に進んだ明日に繋がるのだと思います。そのためにはやはり、“今を大事に生き、日々の小さな気付きを積み重ねること”に、尽きる気がします。
 『今日という日は、昨日の次の日。同時に、今日という日は、残りのわたしの人生の第一日目』これもまた心友から届いたメールに記してあった素敵な言葉。皆さんの今日も、よい一日でありますよう…。

館長 藤井 宥貴子