はあもにいについて

男女共同参画について

館長室より

館長室より 2012.6

紫陽花の花が楽しみな季節になりました。
先月の20日に行いました自主事業「こんにちは、 はあもにいです」には、多くの皆さまにご来館いただき、誠にありがとうございました。
 初の取り組みで不手際もあったかと思いますが、皆さまのご協力のもと、無事に終えることができましたこと、心より御礼申し上げます。
 さて今月23日~29日は「男女共同参画週間」です。私はこれまで他の仕事に従事していましたので、正直なところ男女共同参画は難しいと思っていました。けれども、はあもにいの仕事に就く少し前から「男女共同参画」について調べたり、考えたりするうちに、この考えは、私たちひとり一人の心の奥に、既に存在する思いであることに気付きました。男女共同参画社会の実現は、これからの日本にとって、欠かすことのできないものだと思います。
 先日、当館1階にある情報資料室で、男女共同参画をテーマにした『みんなちがって…』という、かわいい絵本を見つけました。『みんなちがって、すばらしい。みんないいとこもっているよ…』。その絵本の最後にはこう書かれています。著者は小学3年生。男女共同参画を分かりやすく私に伝えてくれた一冊です。

館長室から写真.jpg